<   2015年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

頑張れ!私!

NHKのすてきにハンドメイドの本を見て
チュニックを作ってみた。
綿の生地だがふんわりとして薄い。
ミシンは用心してかけたが手縫いでの始末が目が悪くなると雑になる。
なんとかできたトルソーに着せる。
以前、買ったトルソー。異様にお肉が付いた感じになってる。

昨日、お嫁さんの実家のお母さんが2週間を過ぎて帰って行った。
夕方から一家で我が家にお泊まりに来た。
主人と二人の生活から一変する。
超、眠い。
頑張れ!私!

c0241434_10495957.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-29 11:05 | つぶやき | Comments(0)

冷製パスタ

トールペイントで教えてもらったパスタ。
カットトマトの缶詰
1/2オリーブ油
すりゴマ
白だし

パスタは細い方がいいそうだ。
舞茸をニンニクを入れて炒めろ。
ズッキーニを入れたり別のキノコでも良いらしい。
白だしの分量は味見をしながら決めるそうだが
大さじ2では薄かった。
「薄味だね。」と言われ慌ててまた調整している間に
大方、食べ終わっていた。
すりゴマの味がメインの和風パスタなので
パスタを湯がいている間に煎ってすると香りがいいだろう。

c0241434_13095473.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-27 13:20 | 料理 | Comments(0)

お昼ごはん

去年の梅雨はどうだったか?
覚えていない。
今年は鹿児島の方、九州南部は大雨。
北部は大雨になる、なるぞ!と天気予報では言うがさほど降らず、
晴れ間が覗いたりするくらい。
とにかく、蒸し暑い。
今日はお昼前に息子に仕送りを送ってから
スーパーに寄ろうとしたら息子の送金分だけ持って
お財布を忘れてしまった。
なので、あるものでお昼ごはんを作る。
写真のピーマン、コンニャク、モロッコインゲンは大きい。
卵と比較すると分かる。
ピーマンの肉詰め、
コンニャクの煮物
モロッコインゲンの胡麻和えを作った。
明日はトールペイントの教室で教えてもらった
冷製パスタを作ってみようかな?


c0241434_17120989.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-26 17:23 | 料理 | Comments(0)

長くつ下のピッピ

トールペイントの教室に行くと
その魅力にはまる。自宅で別なものを描いてみる。
「長くつ下のピッピ」
天真爛漫のピッピ。
赤い枠が歪になり先生に直してもらった。

古屋加江子著
「フェアリーテイル」
サンケイ
より


c0241434_19035952.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-25 19:16 | トールペイント | Comments(0)

10日健診

昨日は午後から赤ちゃんの10日健診で産院に行ったそうだ。
美術館から帰ってくるとウチに寄って来ていた。
赤ちゃんは徐々に体重も増えているとのこと。
1週間会っていなかっただけだけど大きく見える。

お姉ちゃんの方は赤ちゃんの診察中
東京のおばあちゃんと待っていたそうだがじっとしていられなくて
大泣きしたそうだ。
というのが、ママが入院していた日のことを思い出したらしく、
2階の(入院していた)お部屋に行く!
行ってお絵かきする!とごねたらしい。
そのあと
産院の外に出て石ころを1つ1つ拾ってみたり、池をずっと観たり…。
なんで、ママたちに怒られるのか、
何で赤ちゃんの病院に来たのかわからない。
ただ、赤ちゃんの生まれた日を思い出しただけなんだろうね。

ジイジのお煎餅をもらい落ち着いたらしく、
自宅に帰る時は
「またね!またでんわするね!」だって。
誰の真似をしているのかしら。



おままごとのケーキをナイフでカット。ハイどーぞ。
買ってもらったピンクの椅子よりながーいスッテップ台がおすわりには
ちょうどいい‼︎


c0241434_00380209.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-24 00:56 | つぶやき | Comments(0)

県立美術館にて

福岡県立美術館で「金子みすゞ・金沢翔子
ひびきあう詩と書」という展覧会があった。
Hさんと一緒に観に行った。
以前より金沢翔子さんの書を直に観てみたかった。
金子みすゞの詩をどう表現するのかも興味があった。

観て感じたものを
上手く言い表せない自分に腹立たしい気持ちになるが
翔子さんの書はみずみずしく
力強さと、ユニークさと可愛らしさが感じられる。
何より翔子さんの書によって
金子みすゞの詩がスーッと心に入って行くのが分かった。

翔子さんの書は強い感性で表しているが
詩や文字をどう理解して表現に至るのだろう。
障害のある翔子さん。
障害というのは大勢の人の枠で決められた目線。
むしろ、凡人の私達よりももっと秀でた力を持っている。
神様が与えた力をを持つ使者の様に見える。
みすゞの詩も翔子さんの書も純粋で心にグッとくる。

記念に図録と翔子さんの書の葉書を買う。
落書きの様で
可愛らしい文字。
「笑」
これを見て微笑もう。
まずは苦笑いからでも…。

c0241434_22113995.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-23 22:59 | つぶやき | Comments(0)

久しぶり

主人はゴルフ。久しぶりの1人の日曜日。
梅雨の間の晴れの日。
それだけで嬉しい。
洗濯物が全部乾く。
今日は父の日か…。
一昨日、夕方、初めてゴルフの練習場に付き合った。
そう初めてなんだなあ。こんな処にお付き合いは。
日曜日のゴルフの為に
ちょっと練習ということらしい。
コンタクトをしたり、メガネに替えたり
それでも飛んで行ったボールの行方が見難かったりする。
あまり上手じゃないと聞いていたがそこそこ打っているので
できる内は楽しんでやって欲しい。

夕方、仕事帰りの人が打ちに来る。バッティングセンターとまた違って
いいなあ。

今日は主人の友人よりサクランボが届く。
毎年のように贈って下さる。
大好きなサクランボ。
嬉しい。
バラで来たのでちょっと味見。
美味しい。
主人に来たのに主人以上に食べてしまうので
代理でお礼のハガキは書きましょう。

昨日は家庭菜園でできたキュウリを頂く。
時間があったのでキュウリのQちゃんを作る。
美味しいものはやっぱり甘みがあるものなのかな。

テレビのバラエティー番組を観て…
自分の笑い声が変に大きいことに気付く。
あれもこれもやろうと決めていたのに時間がある日の方が時間を無駄にしている。



c0241434_20484017.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-21 21:30 | つぶやき | Comments(0)

やっと完成…。ドクターズバック

またか⁉️と思われるドクターズバック。
2つとも鎌倉スワニーも生地。
やはりバックは派手な色柄の方が映えるし技の無さを隠せる。
気に入って買った生地もいざ、作ってみると…。
左は綿麻なので皺が予想以上に目立つ。
右はシンプルイズベスト好みの彼女に合わせて作ったが暗くなり、
友達が編んだコサージュを付けることになる。
やはり、手作りと云っても迷惑になるかな…。
色々、作って勉強になった。
ここらでバックは一休みしよう。

作業場と化した次男の部屋は大変なことになっている。
片付けてリセットしよう。
ユーミンのCD3枚、取っ替え引っ替えずっと聴きながら
作業していたので曲が頭から離れない。
いかん。

昨日の記念日は日付が変わり、覚えていたか主人に尋ねると
勿論、憶えていたそうである。
そういうことにしておこう。🌺
c0241434_16563030.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-19 17:14 | 手芸 | Comments(0)

最近は

naoちゃんとsakiちゃんの所には
ママ方のおばあちゃんが日曜日から来ている。
sakiちゃんは基本、寝ている(これはお嫁さんからの内容)が
naoちゃんの方はイヤイヤの真っ盛り。
梅雨でお外に行けないし、ママを半分取られた感じで変なのかな?
ママたち3人の大人は疲れて21時には寝てしまっているとのこと。
手を出すわけにいかず。


この頃、何でもする前に
心の中で「楽しみ‼️」と叫んでみる。これをしたら覚えられるとか
とにかく、ワクワクした気持ちを持ってやる。
そうすると大抵の事は我慢?せずに出来る。

naoが帰ってから直ぐに好きな事をしようと思っていたが
やはり年には勝てない。2日目に疲れが来た。(直ぐにこないところに年を感じる)
ボーっとしていたが食器棚の中の入れ替えをしてガラス食器も出してみた。
ただ入れ替えて出し易くしただけで少しずつ元気になる。
(単純)
今日は私たちの結婚記念日。
主人は気づいていない様子。
夕方からまた会議があるらしい。
帰って来るのを見計らって夕食をちゃちゃっと作ればいいか。
それまでミシン、カタカタしようと。


c0241434_16422808.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-18 17:04 | つぶやき | Comments(0)

女性伝統工芸士展

昨日、長男一家が自宅に戻ったので諸々の用事を済ませる為に
天神に行く。
アクロス福岡で女性伝統工芸士展を観る。
2年前にテレビでこの工芸展の様子を偶然観て
別府の竹細工のバックが欲しくなりネットで注文して時間待ちして作って貰った
写真のバック。大切にしてまだ2〜3回しか使っていない。
これを作ったのが竹細工伝統工芸士の森脇けい子さん。
彼女も今回も出展されているそうなので実演を見に行った。
バックの角はコテで熱を加えて曲げるそうだが
作っていらしたのは繊細な網目の籠。
ふんわりとしたカーブなので難しいらしい。
ちょっとお話してみた。
バックの経緯をお話するととっても喜んで下さった。
青森の出身で大分の竹細工に魅せられて弟子入りされたそうだ。
伝統を守りつつデザインは現代風にして作りたい物を作っているとのこと。
バックは日を追うごとに飴色に変化していい色合いになるそうだ。
今年は沢山使おう!
他には博多織りや久留米絣は勿論のこと、輪島塗、伊万里焼、有田焼、奈良筆備前焼、西陣織などの女性の工芸士の作られた物を見た。

天神のデパートで親類にお供え物を送る手配をしていると
ちょっとの間も待てない主人は「ちょっと見てくる」と
何処かに行ってしまう。
人混みでは私を見つけ難いので
探し当てた主人に向かってつい、
「お父さん‼️」と大声で手招きして呼ぶ。
主人と一緒に数人の人が振り向く。
眉間に皺を寄せて怒った顔をしていたのに気づき 急に恥ずかしくなった。
主人と来るといつもこうなる。
並んで歩くことも無くスタスタ行ってしまうし、
出雲蕎麦の割子蕎麦をわんこ蕎麦の様に食べてしまうし…。
ふー。
こちらが上手をいかなけばいけないな。



c0241434_18520844.jpg

[PR]
by norinori1088 | 2015-06-15 19:29 | つぶやき | Comments(0)